2007/05/13

またまたチューリップフェア

GW前半は富山ざんまい

初日、イオン高岡
今年のGWは4月の2週目に一度東京に帰省しているため、前半は富山で過ごし、後半に帰省することにした。最初の土曜日はなんとなくイオン高岡に行くことになった。赤ちゃん連れだと服も靴もかえないので用もなく、最近足が遠のいていたイオンだったが、友人の出産祝いをみにかなければならなかった。富山は土曜日出勤のところが多いようなので、土曜日ならまだ空いているだろうというよみもあった。
旦那はイオン高岡のそばのホームセンタータテヤマに行きたかったらしい。まずホームセンターをのぞきに行くと、野外で電気工具による日曜大工講習会が行われていて、お父さんだけでなく家族でベンチを作っていた。店内で旦那がほしい資材を眺めていると、資材の補充をしていた店員のおじさんがよってきて、
「お客さん、こっちのほうが品物はほとんどかわらなくて安いよ。」
と教えてくれた。野外の電気工具売り場で旦那のほしい工具があり眺めていると店員さんがいろいろと教えてくれた。初めて入ったのだが、店員さんが職人ぽくて素敵なホームセンターだった。
ちなみに旦那は最近、
「マイホームを自分で建てる。」
とわけのわからないことを言い出しているが放置している。
建てられるもんなら建ててみなさい!
イオン高岡に戻り友人のお祝い探し。イオンって服はたくさん売っているけど服以外の赤ちゃんものみつかるかな~と思ったら、入店してすぐにマザーガーデンで素敵なおもちゃを発見。ついでに娘のおしゃれなレインコートも発見で早速購入。娘のレインコート、いい値段したが柄がかわいいからお出かけ先で寒いとき羽織れるかなと思って購入。
2階に行くと似顔コーナーがでていて、娘と太郎を書いてもらおうと思ったがすでに人が並んでいた。娘がアイスを食べたいと言い出し、アイスを食べに行ってから戻ったのだがまだいっぱい。本屋で本を見た後旦那がふと見るとちょうど人がいなくなっており、走りこむ。お願いしてからよくみると予約表が・・・。予約の合間の休憩時間に割り込んでしまったようだ。それならそうといってくれればよかったのに。お人形のようにかわいいお姉さん絵描きさんがお人形のように可愛く娘と太郎をかいてくれました。
そして初めて「THE BODY SHOP」でボディークリームを買った。以前はアロマオイルで作ればいいんじゃないかと思ったけど自分で作るとどうしてもオイルでべたついたりするため、市販のを買ったほうがめんどくさくなくていいやと思うようになってしまった。カシスローズの香りをかった。以前は嫌いじゃないけどそれほどそそられなかったローズだが、最近はものすごく好きだ。女性用香水も最近はあんまり苦手ではなくなった。
その後ステーキペッパーランチで夕飯を食べた。以前から気になっていたがフードコートは休日ともなると激込みで利用したことはなかった。ビーフペッパーライスを食べた。おいしかった。娘はお子様ラーメン、太郎はマックのプチパンケーキにした。GW初日から思いがけなく買い物フィーバーだった。

2日目、3度目のチューリップフェアー
休みの前日娘にどこに行きたいか聞いたら、
「公園。」
とかいったくせに、
「チューリップフェアーに行きたい。」
と言い出した。
なぜなら、
「太郎はまだ行ったことがないから。」
そしてかき氷を食べたいらしい。
去年は産休直前に旦那が出張で家を空けたり、直前に締め切りの仕事があったりして風邪を引いて咳がとまらなくないうえすっかりふくらんだ腹をかかえ、よろよろしながら行った。その日もものすごくいい天気で去年止めた駐車場はすでに満車で駐車場に入るまでずいぶんかかった。朝から富山サンダーバーズの野球をみたいと言っていた旦那は、Sn340453「アルペンスタジアムなら込まなかったかもよ。」と最後までいっていた。地元野球も楽しそうだ。バスケットリーグはなにやら不調だったらしくちょっと残念。ようやく会場に入れたのはちょうどお昼。北口付近の食べ物売り場は人でいっぱい。いつもは開園して間もなくいくのだが、今年は前半ど真ん中の上天気ですごい人だった。氷見コロッケにひかれたが、長蛇の列。あきらめて、富山地ビールとフランクフルトとソバプリッツでまず空腹をみたした。太郎はソバプリッツが気に入り、よだれでやわらか~くして食べていたが、娘はお気に召さなかったらしく、
「カキ氷を食べたい。」
を連発。旦那と一緒に買いにいった。ついでに広島焼きをゲットしてきてくれてそれで昼食をすませた。カキ氷を食べ満足した娘は
「公園で遊びたい。」
と騒ぎ出す。このときまだメインのチューリップ畑にはたどり着いていない。ようやくチューリップ畑につくと今年は500円の花かごがやっていた。娘とやるが終わると即効興味のなくなる娘。Sn340460公園に向ってまっしぐらだ。会場に極普通の公園があるのだが、ものすごい人数の子供だ。遊べるのかよ、と思いながら太郎とともに芝生で待つ。昨日つかまりだちを始めた太郎の靴をイオンでみたのだが、太郎のサイズは5000円近くして却下された。まあ、健康のためわざわざ裸足にする幼稚園や保育園もあるしねってことで裸足で遊ばせる。Sn340461(これが翌日あだとなる。)
娘は激込みのブランコには乗れなかったけど、他の遊具は遊べたらしい。ようやく公園遊びも終わり今年もチューリップソフトを食べる私。Sn340462帰りに実家にもっていくためのチューリップの鉢植えを買った。帰りの車では娘も太郎も爆睡だったがその足で翌日の川原で焼肉の買い物にいくのであった。
Sn340455_2Sn340458Sn340463_1Sn340464_1

3日目、いつもの場所で焼肉
初日から行楽三昧のGW前半、娘は大分遊び疲れもたまり顔をむくませてようやく起床した。
それでも
「焼肉にいって長縄をする。」
とがんばる娘。いつもの場所で焼肉をした。この日もとってもいい天気。いつもの場所はちょっとしたくさっぱらになっていて、太郎を裸足で歩かせていた。食事も終わり、娘とパパが長縄を始めた。途中娘と太郎がリクライニングチェアーでじゃれていると椅子が倒れ泣き出す太郎。
泣き方がおかしい。
ふとみると娘のズボンに釣り糸が・・・。
あわてて太郎を見ると足の親指に釣り針が・・・。
旦那をよぶと旦那が急抜いてくれた。返しがあるので心配したが何とか抜けた。ものすごく痛かったに違いない。釣りをする人は注意してほしい。赤ん坊を裸足で歩かせた私もいけなかった。注意はしていたが気がつかなかった。泣きながら眠りについた。すると私も眠くなり、しばりリクライニングチェアーで昼寝。熱がでたらすぐに病院に連れて行こうと思っていたが幸い太郎はずっと元気だった。
とんでもないアクシデントがあったが、まだまだ汗だくになることもなく立山連峰を眺めながら気持ちのいい焼肉だった。前半激しく遊び倒して、後半実家へと旅立つのであった。Sn340466

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2007/04/25

今年の桜

今年は桜早そうだなと思ったけど、娘が生まれた5年前とあんまり変わらなかった気がします。当時はつくばにいたのだが、4月に入ってすぐ咲き始めて、やっぱり
「今年の桜は早いんだな~。」
と思った覚えがあります。娘はそんなに動かないぶんベビーカーで散歩が大好きで、よく外をうろうろしていて毎日のように桜を眺めていました。娘のときは秋の桜の紅葉も見事で、気温の落差のない関東平野でもこんなにきれいな紅葉がみられるんだと驚いた覚えがあります。今年の桜はどうかなと思っていたらいがいとたくさんみてました。咲き始めは早かったけど、咲いてから気温の低い日が続いて花の時期が長かった気がします。
070327←3月27日
そろそろ関東では桜フィーバーが始まっていたようですが、富山はまだまだこんなでした。いたち川にて

070404←4月4日
まだまだこんな感じ。同じくいたち川にて

070405←4月5日
違う場所ならもう咲いているかなと思ったけど、まだまだというかんじ。太郎をハイハイさせるためにやってきた運河公演にて。でも這わずに芝をたべようとして大変でした。

070406←4月6日
そろそろお花見も終わりかなというころの東京の桜。
友人と散歩の途中に咲いてました。
ふちが紫で白い菜の花はハマダイコンていうんだって。
そういえば、ハナダイコンは紫一色って感じだもんな。

0704080704083近くの小学校の桜
0704082運河公園の桜←4月8日
富山の市議選挙だったこの日はいいお天気でお花見びより。
でもまだ8部咲きくらい?

070409←4月9日
まだまだ咲いてます。某いたち川テレビ局前

070410←4月10日
少し花びらが散り始め?

070416←4月16日
画像ではよくみえないけど、川に花びらがたくさん浮いてました。

070424←4月24日
4月17日から21日まで、東京の旦那の実家にいっていたため間があいて、すっかり終わってしまった桜。車で移動した長野はまだまだ満開でした。帰るときは桃が咲き始めていてすごくきれいでした。太郎のハイハイフィールドを桜の木のそばから別の場所にしてみました。桜の側は傾斜があるので平らな場所へ引越し。
今日は太郎がやけに良く昼寝をします。
眠りがふかくなってきたのかな?ニヤリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

揺れました

前の中越地震以来久しぶりの地震でした。結構大きかったです。食器棚の食器がカタカタいい出したあたりで「これはヤバイ」と思いましたが物は落ちずにすみました。震源に近い七尾方面は結構な被害がでているようです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007/02/10

勝駒

勝駒
ついに発見日本酒「勝駒」です。APAショッピングセンター内ブログもやってるこだわりの店主がやってる酒屋さんで発見です。(知人ではない)授乳中なので1口だけ味見したら飲み口すっきりで水みたい。味も香りも上品で華やかな感じ。旦那は「うまくて飲み口すっきりで飲みすぎた。」といっておりました。仕事で嫌なことがあったらしく、「泥酔いしてやる!」といって買っていたので本望でしょう。「うまい、うまい( ̄▽ ̄)」とご機嫌で飲んでました。5人でこじんまりつくってるこだわりの酒だそうです。富山港森家屋敷の通りの旧商家にお店を構えている酒屋さんでもみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/21

「ゲンゲ」デビュー

富山のお魚といえば「ゲンゲ」もある。とはいうものの、一般的にはから揚げがいいといわれていてめんどくささであげものをさけていた私はまだ料理したことがなかった。だが最近煮てもおいしいと知り、早速チャレンジしてみた。ゲンゲはぬめりのある魚で煮物にするとそのぬめりの部分がプルプルとしておいしかった。旦那は「くせになる味」といっていた。煮汁で里芋も煮た。調理後の画像はピントがあってなくてすごくグロテスク。Sn340249_1Sn340252a_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/25

青まきかまぼこ

Sn340128_1富山のかまぼこは渦巻です。赤いものや昆布のものは私も知ってましたが、実は青いのもあります。千切りきゅうりと一緒にもりつけると涼しげていいかもしれません。お昼の冷麺のトッピングになりました。旦那は大喜びでしたが若いくせに保守派の娘はたべませんでたした。なぜか娘は保育園でたべておいしかったものが大好きです。あれ?母の出す食べ物を信じていないのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シェ・フジイ

こじんまりとしたフレンチのお店だ。駐車場が少ない。それもそのはず、夫婦と思われる2人でやっているまさにこじんまりとしたお店だった。12時半に入るとすでにテーブルは埋まっていて、たまたま1テーブルだけ空いていた。お店入っても案内がない。いっぱいになったテーブルでものすごくにぎやかにしゃべるおばさんの群れと料理の準備に追われる店主夫妻。それはさながらラーメン屋のよう・・・・。厨房が入り口脇にあるコンクリート壁に囲まれたテナントの構造のせいもあると思う。もしかしてだめかもと思ったけど、空いていた最後のテーブルに座れた。
通りに面して厨房がありそれはそれでおもしろいなとも思い、また店内がやけににぎやかな意外はシンプルながらもこじゃれた内装だった。
店主夫婦は調理に忙しくしばらく注文をとってもらえなかった。それもそのはず、前菜もメインディッシュも5種類くらいあるなかからセレクトできる。ずいぶん太っ腹だな~と思った。旦那は前菜は魚私は鶏レバー、メインディッシュは旦那は鶏の小悪魔風私は割り増しで子羊をとった。
我々が店に入ったのが12時半すぎで11時半の開店まもなく入ったお客さんの皿を出すので手一杯で我々とその前に入ったとおぼしき母娘のテーブルはなかなか料理がでてこず、母娘の特に娘の方は露骨にイライラしていた。駐車場が少ないため一台店の前に路駐していた車がいてどうもその娘(といっても私と同じか上くらい)の車らしい。我々は西町の有料駐車場においてきた。お金がかかるが駐禁の罰金よりはましだ。
お店を切り盛りしている2人はシェフが私と同じくらい、奥さんとおぼしき女性は私より若い感じだった。だから内心に、「リーズナブルなランチの時間に食べにきてんだからそんなにカリカリしなくたっていいじゃない。駐禁とられてしまえ!」
と思ってしまった。独立してお店を持つって想像以上に大変なんだなと思った。出てきたお皿は特に前菜が想像以上にボリュームたっぷりで、とても素敵に盛り付けられていた。もっとシンプルな感じを想像していたけど、にぎやかでかわいらしい感じの盛り付けだった。そうか、こういう風に綺麗に盛り付けるのがプロの技なんだとおもった。味もよかった。隣のカリカリ娘も料理を食べたとたん機嫌が直ったようだった。一応乳幼児可のお店で、是非がんばる若夫婦(と思い込んでいる)のためにディナーも来て見たいなと思ったけど、ちょっと小さい子供づれで慌しく食べるのはもったえない感じで無理そうだ。
ランチは14:00までだが、13時半を過ぎた頃開店と同時に入ったおばさんがはけたのをみはからったようにちょっと若めだがこなれた感じのおしゃれな感じの男女が入ってきた。おばさん4人組がいたのだが、そのおばさんたちがいなくなると急に店内は静かになりこんじまりしたフレンチのお店になった。おばさんがいる間は店内にBGMがかかっていることすらわからなかった。人生荒波乗り越えてようやくお昼に豪勢な食事をできるようになった喜び謳歌しているのだろうなというのはわからないでもないけど。デザートもおいしくて、久しぶりに丁寧にいれたプロのコーヒーを味わえた。駐車料金は痛かったけど大満足なランチだった。

シェ・フジイ
ランチ 1,575円
ランチコース 2,625円
(富山情報より)
*定休日は月曜日
Sn340127_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

ポートラム初乗車

産前休暇5週目6月11日の出来事
土曜日はモモちゃんファミリーが紙おむつとしその苗をもってきてくれたので、お礼に旦那のピザを振舞った。モモちゃんのパパの好物はカワハギのお刺身肝つきでイタリアンで満足したかちょっと心配だったが、その代わりおみやで大好きな焼酎サワー(健康を考えてカロリ)を持っていってもらった。(車なので)お客さまにご満足いただけたかどうかは謎だがその日のピザは今までで一番のできで、
「やはり俺はピザの方が向いている。」
と慢心の笑みを浮かべていた。

よく日日曜日。給料前日間近の週末、なぜか今月は何かとお金が出て行き私も旦那もお金がない。娘は退屈してどこかへ連れて行けとうるさい。だが前日の来客で親は疲れ気味。思い立ってポートラムで富山で安いと評判のスーパーO阪屋にいってみることにした。
金曜日お腹のモモ太郎が最後の最後で脂肪をつけようともくろんでいるのか突如クレープが食べたくなり、そのための生クリームがほしかったからだ。車で行くとついつい買いすぎるし、妊婦の散歩にはものたりないがポートラムなら多少は歩行時間も確保できるだろうというもくろみもあった。
家の一番側の電停は「インテック本社前」。歩いて電停に向かい電停直前の交差点で信号待ちしているとちょうどポートラムが来るところだった。歩行者信号は赤だったが、車は来ていなかったので横断してポートラムに乗り込む。結構危ないと思う。そのうち事故もおこるんじゃないだろうか。翌日私は通りがかっただけだがおばさん3人組が同じように赤信号を無理に横断してポートラムに乗り込んでいた。信号のタイミングとかでなんとかならないのだろうか。
ポートラムの乗り心地は噂以上によかった。もちろんまだ新しいせいもあるが、振動も少なく低床がこんな乗り込みやすいものだとは思わなかった。その日も座席は全部埋まり、立っている人も結構いたがもしすいていたら車椅子やベビーカーも簡単に乗り込めると思う。A型は無理かもしれないけど、小さめなB型ベビーカーなら赤ちゃんと一緒におでかけできそうだった。外見もオシャレで走っている姿をみるだけでウキウキするが、実際乗ってみるとこれまたウキウキする乗り物だった。ポートラムは全部で7色ありどの色にめぐり合えるかも楽しみの1つだ。
(でも何色にのったかはもう忘れてしまった。)
目的のスーパーには意外とすぐについてしまった。このスーパー、安いとわかっていても車どおりの多い通りに面していてうちからだと反対車線になり、駐車場も常に混んでいてあまり利用はしていなかった。これからはポートラムに乗ってちょくちょく利用できるかもと思った。あまりにあっけなく買い物も済んでしまい、帰りは終点富山駅北まで行き家まであることにした。産前休暇中一度は乗ってみたいとおもっていたのだが、いざ休暇に入ると何かとあって乗るのはあきらめていたが、ようやく乗車することができて楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

山王祭り

Sn340101_1富山市の6月にある大祭だ。このお祭りの時期が来ると富山もいよいよ夏という感じ。そして富山に住んで4年、このお祭りが富山市の中心街にある日枝神社のお祭りであることを始めて知った。私が住んでいたI県やC県は大きなK神社は割りと緑の濃いエリアにあった。日枝神社は商業地域のど真ん中にやけに立派な神社がどーんとあってびっくりしてしまった。初詣の時期はいつも関東にいて富山に住んでから神社はとんと縁がないのでどこにお宮参りに行くか考えていたところだったのだが、ここでいいだろうということになった。お参りをしておみくじを引く。わりと平凡な人には簡単にでるもんなんだよ、大吉って。出産も無事すみそう。Sn340102_1Sn340103_1神社の周りはもちろん商店街も夜店でいっぱいだ。夕飯は買い食いですませる。まずラーメンを1杯買い、3人で食べる。あとはおまきといって小麦粉をといたのにソースと青海苔をかけて巻いたのが割り箸にささっている食べ物を食べた。これはここで初めてみた。日枝神社にはお化け屋敷もでていて、関西弁で呼び込みをしているのだが語りがおもしろかった。長いフランクフルトが200円で売っていたのだが、食べるとなんか冷たかった。大丈夫かなと思ったけどとりあえずひどくお腹を壊すことはなかった。あとは直径3cmくらいのお団子のささったくし団子を食べた。なかなか楽しかった。Sn340104_1娘におねだりされてかったもの。これで500円はやっぱり夜店価格。幼少の折そういうものを一切かってもらえず、悲しい思いをたびたびしたため、「1つだけなら。」ってついつい買い与えちゃうんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

ピクニック

富山グルメシリーズその2
その1カフェ・ブリッジ
目的のシェ・フジイが定休で道を戻っているとふとピクニックの看板が目についた。個人経営のファミレスというかんじのそのお店は以前から気になっていた。このままさまよったあげく何も食べられないのは悲しいので駐車場へ。ランチは定食、弁当、うどん・そば定食で弁当はエビチリだったらしいがすでになかった。定食は和風ハンバーグだった。値段は980円、コーヒーは200円でつきなんとミニ缶ビールがついた。旦那車の運転があり、私は妊婦なのでとりあえず旦那がカバンにしまった。
店内は若いときはやんちゃしてただろうなと思しき感じのいいマスターと奥さんのいるかんじのあだち充のマンガによくでてくるかんじの喫茶店(「タッチ」の南風みたいな)を店舗拡張でファミレスも始めたという感じで、店内にはマンガの本棚もあり、カウンターとソファーのボックス席とテーブル席があり、子供用のいすもあって家族でも入りやすい感じの店だった。近くの会社のおじさんグループの他に小さい子供づれのママさんグループもいた。ただし喫煙率高し。
味は家庭的な感じで私は好きだ。こういうお店も嫌いじゃない。産院の午後の診察が始まる14時にあわせて店をでることには定食の和風ハンバーグも終わってしまったが、定食メニューが鶏からになっていた。
「うーん、残念。」
と思いながらお店を後にした。駐車場は10台くらいあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)