2006/08/14

ついに予定日越えの検診

産前休暇ネタ放出第2弾-終章-

産前休暇7週目の出来事
土日、産気づかないショックでやや変になっていた私。八つ当たりは当然まずいと思っているが変にナーバスな言動をしてしまったり、かといって余計に元気に振舞う気力もない。旦那もさすがに心配になったのか、ネットで出産予定日についていろいろネタを収集して自宅出産で予定を超えてしまったときに使うツボとかを調べてきてくれて押してくれたりした。確かに腰痛やむくみは軽くなった。医者には
「子宮を柔らかくする点滴。」
と説明されたが、旦那はネットでそれは陣痛促進剤のすごく薄いやつだという情報も収集して心配して検診についてきてくれた。
午後から休むということで、以前から行ってみたかった富山の紅茶のお店ローズウッドでランチすることにした。
その週フレーバーの紅茶がなくなりそうだったので、散歩の時間にいって自分だけお茶してこようとかたくらんでいたのだが、旦那も一緒ならランチもできると思ったからだ。なんだかんだいいながらやりたい放題の私。ランチは洋食で、懐石風のちょこっとづつ綺麗にもられた上品なお味。デザートのシフォンの味は絶品。紅茶はやっぱりいい茶葉をプロが入れるから最高の味。時間ができたら紅茶の入れ方も習いたいな~。駐車場は台数があるけどちょっとせまい。やはりランチタイムは富山マダムが集っておりました。(年齢はやや高め)私ごのみの細身の優しげでインテリな感じの男性が紅茶を入れてくれた、ウフ。
午前中、旦那が家に戻るまでの時間に1時間半ほど散歩をして昼から検診にでかけた。食事が終わるとちょうど午後の診察が始まるくらいの時間。点滴をしながらNSTをとると、看護婦さんに
「陣痛の波きてますね。」
といわれた。早速薬が効いているのだろうか?ちょっとだけ期待して診察を受けると子宮口の開きは先週とほとんど変わらず、次の検診は今度の土曜日で、それでも出産にならなければ処置入院になるという説明を聞く。ああ、いよいよ自力では出産できないんだという敗北感が押し寄せた。なまじ妊娠中貧血以外の異常はこれといってなくきたのと、娘のとき予定日よりはやかったから余計にショックだった。モモ太郎は相変わらず体重を増やしており、予想体重は娘の出生時体重を超えていた。
ちょっと体をあまやかしすぎたんだろうか?
そんな後悔が頭をうずまく。家について疲れて爆睡してしまった。でもその日の点滴でなんとか土曜日までに陣痛がこないだろうか?そんな淡い期待を胸に抱いた。

水曜日
最近巳年の娘は卵が大好きだ。最近はゆで卵を立て続けに2個食べた。卵の消化速度が速い。APAショッピングセンターで卵が安くなるので散歩がてら買いに行く。昨日のショックからたちなおれず、Mバーガーで休憩してからかえることにした。点滴もうっているのでもしかすると陣痛がくるかもという淡い期待からなるべく急に陣痛が起きても発見してもらいやすい車道沿いを歩いた。散歩から戻るとすぐに旦那の昼食の準備。再び旦那を送り出すと、ジャスミンオイルでフットバスをしたあと旦那がゲットしてきた陣痛を起こすツボにお手軽灸をすえた。プロが施術しているわけではないので、直接陣痛につながるかどうかは定かではないが、むくまなくなってきた。午後からパンを焼こうかなと思ったが、発酵の途中で何かあると困るなと思いやめた。その日の晩、テレビに天丼をみて急にしろえび天丼が食べたくなり旦那に
「明日の昼は駅の白エビ亭にしようともちかける。」

木曜日
予定日が締め切り前だからと旦那が提出を先送りしていた職場への娘の扶養手当の届出だがいよいよ締め切りがせまってしまった。届出にあたっては市役所に旦那の所得証明をとりにいかなければならない。旦那は太郎が生まれるとたっぷり休暇をとらなければならないので、すでに休暇中の私が取りにいくことにした。どうせ2時間あるかなければならない。所得証明をとったあと、お昼に駅のしろえび亭で白エビ天丼を食べることにした。いつものように9時半に家をでて、市役所へ。最初児童福祉課へいったのだが、所得証明は納税課だった。どうしていいかわからず、窓口にきくと住民票のように請求のための用紙に記入してくださいということだった。いわれてみると用紙と台が。ぼんやりな私。用紙に記入してよくみると
「本人印」
が~ん。なんかそんな予感はしていたのだが慌てて旦那にこれからとりにいっていいか電話。市役所から歩いて15分くらいの職場に戻り旦那に印鑑を借りる。予定日をすっかり超えてしまった羞恥心から事務所にはいかず、1階ロビーで待っていた。時間はその時点で11時。それから市役所に戻ってもし窓口で待たされたりしたらしろえび天丼が食べられない。市役所はあきらめ駅前ドトールでお茶しながら読書することにした。
お昼に駅で待ち合わせ、白エビ天丼を食べる。予定日を超えてすっかりへこむ私のためにネットでいろいろ調べてプリントアウトしてきてくれた。
旦那よ、ありがとう。
お昼をおえ再び市役所へ向う。記入台で印をおしてそこにある記入例をよ~くみると、
「印 同居家族の場合は本人印でなくても可」
とある。ああ、だめだめな私。おかげでたっぷり歩いたよ。所得証明はすぐに発行され、旦那にいまから届けていいか電話した。大丈夫のようなので、ふたたび1階ロビーにきてもらった。家に帰るといつものように陣痛を呼ぶジャスミンフットバスとお灸をして惰眠をむさぼるのであった。

金曜日
お天気が悪かった。図書館で本を借りることにして出かけたのだが、最寄駅で電車を降りたとたん大降り。本を選ぼうとぐるぐるしているときはあがっていたのに図書館を出る頃にはまたどしゃぶり。せっかくそんな天気のなかきたのに意外と読みたい本もなく、せまる時間をきにしつつようやく1冊選ぶ。この本は入院中のいい暇つぶしになった。(が、返却が遅くなってしまった)お昼ごはんをつくるのにぎりぎりの時間でいそいで家まで帰った。


土曜日
ついにきた。
陣痛ではなく検診である。検診までになんとか陣痛が来ないかと祈ったが、私の祈りは届かなかった。もう明日にでも入院させてもらってかまわないという気持ちで、9時には病院に向ったが結局
「水曜日に入院の準備をしてきてください。」
と言い渡された。子宮口を柔らかくする点滴とNSTだけうけて帰った。一応定期的な張りは検知されたが、先生にはまだ「お産の兆候はないですね。」といわれた。すっかり落ち込んだ。あと4日2時間散歩の日々が続くのかと思ったらブルーになった。その日はもう歩くのはやめようかとおもったけど、娘がバレエに行く間、自宅そばのカナルパークを1時間ほど散歩した。その日はとんかつが食べたくなりチラシの入ったとんかつ屋にいったのだが満員で入れず、結局娘の大好きなドラえもんのお店ことココスになってしまった。気分的にはがっつりデザートまで食べたかったが、
「脂肪は出産の敵」
とぐっとこらえる。

日曜日
結局陣痛はこない。朝6時には目が覚め、旦那も娘も起きないので神通川沿いを2時間散歩。そのあと午前中さらにAPTショッピングセンターへ。午後はもう開き直り、娘とクレープ作り。いつか親族の誕生日は娘の手作りケーキがプレゼントで安く上がる日を目指しがんばる!(現在は楽天で花やらケーキやら贈っている)

月曜日
大分気分も回復し、どうせ陣痛促進剤を打たれるならより少くて効き目があるほうがよい

それなら女性ホルモンなんかの分泌をできるだけ良くしたほうがいい!

ならば大豆しかないだろう
ってことで毎日豆腐をたべることにした。お昼に味噌汁にいれる豆腐を買いに近所の食品もあつかっているドラックストアへ。以外に近くて9時半にでたら開店の10時までにはついてしまい、しょうがないので通り過ぎて1時間ほど歩く。途中で以前ポートラムできたスーパーOについてしまう。まだまだ1時間たたず、さらに中島閘門まで歩いてUターン。ドラックストアには目的の豆腐は売っておらず、あわてて近所の商店街に戻り小さい雑貨屋さんで購入して急いで家に戻った。午後はやっぱり昼寝。

そして火曜日6月27日、処置入院の前日、ギリギリセーフで陣痛がやってきたのだった。
この日、ついに7週間にわたる産前休暇が終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

サバ、1山100円

産前休暇ネタ放出中
これは過去をさかのぼること1ヶ月半まえ、まだ私が妊婦で予定日を過ぎブルーになっていたころのネタです。現在食事は生協のチンすれば食べられるものが主体です。ああ、料理に時間を費やした、あの頃が懐かしい。(現在太郎1ヶ月半)

結局予定日(6月18日)を越えてしまった悲しい朝。かなり打ちひしがれる私。まあいい、とにかく後悔しないように最善をつくそう。その日は昨日だいたい2時間歩けるAPAショッピングセンターに買い物にでかけることにした。9時半に家をでて11時半までに戻ればいい。9時半までに洗濯をすませ、出かける準備をする。
日曜日は行きは車道にそって歩いたが、その日は川沿いに歩いてみた。後に地元の夕方のニュースで知るのだが、富山大空襲のさい当時3歳だった女性が母親におんぶされて避難していたところ爆撃をうけ、母親が亡くなったまさにその場所だった。今は街中の割には静かな住宅街だ。現在2人の子供に恵まれ命の重みを改めて実感した身として、人の命を奪いあう戦争をのおろかさを胸に刻み、平和を強く願いたいと思う。
梅雨に入ったはずのなのに、その日はいい天気。川沿いにずんずん歩いていく。その日はたまねぎとフルーツ缶だけ買って帰る予定だった。ショッピングセンター内の魚屋の前をフラリと通るとそこにはサバ、1山100円。ちょっと小さめ。今我が家の冷蔵庫では諸事情により大量の梅干と梅酢がある。
梅煮ならいけるんでないかい?
しかし衝動買いは私の悪い癖、とりあえずスーパーコーナーに行きクールダウンをはかる。その日はかなりいい天気、これからまた1時間近く歩いて帰るのに鮮度は保てるか?スーパーコーナーの氷をいただいていくか?ああ、保冷バックをもってくるんだった。結果サバ1山購入、今日もビニールのもち手部分を延ばし帰路についた。家で調理すべくサバを見てみると2尾だけ大きめのがいた。
その日はそれを塩焼きに。
残りは梅煮にした。
ふっふっふ、快感・・・。
(いえ、別に流血沙汰が楽しいのではなく・・・・。)
Sn340132bSn340133b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

ジャスミンオイル

ジャスミンオイル

陣痛ごい&入院グッズ妊娠前からほしいなと思っていたジャスミンのアロマオイル。以前は甘みの強いフローラルの香りはあまり好きではなかったが、最近は好きです。本で妊娠後期のオイルとしてジャスミンがあげられていたので買うことにしました。バラとかジャスミンとか花からしかオイルが取れないものは高くて3ml3980円。ジャスミンはなくてもっと値段の安いメーカーもあったけど香りが全然違う。悩んだ末購入しました。リラックス効果とホルモンの働きを活発にする効果があるので陣痛の時に使えるかなと思ったけど、陣痛の間はそれどころじゃなかった。入院中あまり寝つけなくて、ティッシュにたらして枕元においてた。今家にある本をみたら産後の抑うつや母乳分泌促進の効果もあるらしい。妊娠初期・中期は使用不可。一番好きなにおいは草むらの葉っぱや山の森のにおい。オイルはラベンダーや柑橘系のオイルにペパーミントをたらしたのが好き。花といえばなかなか陣痛が来なくて気がめいっているとき時期がら突然満開の紫陽花が見たくなったな。翌日散歩で見つけたときはなごんだな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/26

バンザーイ、なしよ

開かぬなら・・・3
土曜日、明日にせまった予定日、私はクロアチア戦をどこで見ることになるのか?この日手芸用ボンドがほしいのとクリーニングを出すためにAPTショッピングセンターに行くことにした。それと旦那の夏用スラックスがなかったのでそれも買わせるつもりだった。食料品は生協が届いているので買わないと心に決めていた。産休に入って以来散財な毎日、しまっていかなければなない。APTに連れてこられた娘は遊びたくてたまらない。
ゲームセンターに行きたがったが午後からバレエもありあまりのんびりもできなかったので「だめ。」というと、ベビー用品売り場のまえの無料の遊び場に行くと言い出し、スラックスは旦那に自分でかってもらうことにして連れて行った。でもその遊び場はこれといったおもちゃもなく、その日は子供たちもいなかったので、娘はすぐにあきて
「水着がほしい。」
と言い出した。
娘の水着は小さくなっていた。子供の水着コーナーに行ってみる。まず最初にほしがったのはプリキュアの衣装のようになった水着。
値段、4,095円也
どわ~。
次に選んだサンリオシナモンロールのキャラ水着
値段、4,095円也
きゃ~。
私は幼少の折、キャラものは一切買ってもらえず悲しい思いをした。どうする?どうする私?
「パパに聞いてみようか?」
困ったときのパパ頼み。ちょうど旦那から携帯電話
「スラックス買った。今どこ。」
「今子供の水着売り場にいる。ちょっときてもらえる?」
旦那に、
「これがほしいんだって。」
旦那、値段を観て絶句。
「だめだ、違うのにしなさい。」
いやがる娘。
何点か適当に見せた後、ピンクの髪飾り付の水着
2,980円
に落ち着いた。
やれやれ。
旦那に、
「なんか可愛そうな気もしたんだけど。」
というと、
「ふざけるな!俺の通勤スラックスは3,980円だ!」
我が家の地味な生活ぶり、わかっていただけただろうか。
それにしても
許すまじ、○ンダイ、○ンリオ!
1時間くらいはショッピングセンター内をうろついたものの、これでは足りないと思い娘と旦那がバレエに出かけた後、1時間散歩。今更遅いかもしれないが最善を尽くしたい。その夜更け、生理痛のような痛みが来たが結局次に起きたときは痛みもなく夜も明けていた。

日曜日、7時に目が覚めたが娘も旦那もおきる様子がない。
よし、散歩に行くぞ。1時間ほど散歩。戻ってくるとほどなく旦那と娘が起きてきた。
「体調はどう?」
「とくにかわったことはない。」
朝食を食べ、娘は出かけたがったが旦那はなんだかつかれ気味で外にでたくないようだった。せめて娘をつれて散歩に出ようと思ったが、キッズチャンネルでアンパンマンが始まってしまい、でかける気がなくなったようだった。
そんなわけで、APAショッピングセンターまで私が歩いてMバーガーで昼食をゲットしてくることになった。前の週まいどはや号でいったAPAショッピングセンター、歩いてみると往復2時間弱、これはちょうどいいお散歩コースだ。この日もばっちりお散歩ノルマ達成。午後は旦那が近所の公園に娘を連れて行ってくれた。
土曜日にパンやでおいしそうなワッフルを見た。でも散財が気になる今日この頃、ジャムもあるので作ることにした。なんとワッフル用のフライパン(っていうのか?)がある我が家。そこそこうまくいった。日曜日の夜更け、やはり生理痛のような痛みが来たが気がつけば痛みもなく朝だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念願かなって植物園

開かぬなら・・・2
産前休暇の歩き方5
旦那が
「木曜日の昼はほけんやのおばちゃんがくるので戻れない。」
というので、お弁当を持たせることにした。ということはお昼の時間を気にしないでいいから遠出ができる。いつ産気づいてもおかしくないといってもまだ予定日前だったのでバスものれそうだった。
「よし、バスで中央植物園にいってがしがし歩こう!」
と思う。天気はやや悪めだがそんなに強い雨にはならなそう。入ったことはなかったが、近くを通るとかなり大きなガラス張りの温室があっていつか見に行ってみたいとずっと思っていた。あんまり雨が強いようなら美術館巡回バスにでも乗ってみるかなとおもったのだが、幸い天気はもちそうだった。
10:15駅前発のファボーレに向かうバスに乗り植物園へ。バス停で待っていると駅ビルでかったらしきお弁当折を持ったおばさん3人組。もしやと思ったらやっぱり植物園で降りた。
バスは駅前始発だったのだが、バスが走り出したとたん1人が整理券をとり忘れたことに気づき騒ぎ始めた。50代過ぎ、いや60代いっているんだろうか?女は歳老いるとだれしもあんなふうになってしまうんだろうか?いろいろなところに老化がきてミスしてしまうのは仕方ない。でもあんなふうになりふり構わず大騒ぎするようになるのはいやだなと思った。上品なおばあちゃんになりたいけど、そうはいかないものなんだろうか?あ、自分すでに主婦として女性職員としては妖怪になりつつあるが。
植物園前のバス停につき、看板の通りに歩いていく。大きな通りを渡ると水田の中の道だった。
久しぶりに水田のにおいをかいだ。懐かしいにおいだ。15分ほど歩くと温室が見えてきた。入り口までの道にバラがうわっていたが、すでに夏の気配の蒸し暑い日で花は終わり間際だった。平日の植物園は人気配が全くないに等しかった。植物園について、まずしたことは漢方薬剤師の友人に電話だった。昔から軽いアレルギーと自立神経失調の傾向があり就職して人に気を使うようになったら血行不良と冷え性がひどくなり漢方薬を常用している。ちょうど向こうも来店のお客さんはいなかったらしく、長電話をしたためいきなり携帯の充電が切れた。(すでに残り3分の2くらいにはなっていたのだが。)というわけで今回は植物園の画像はない。
予定日超過の話をすると、
「あんまり緊張しすぎると余計に子宮が硬くなるからあんまり力まないようにね。」
と注意された。心当たりがある。娘のときとは違い、今回はそれでなくても仕事の割りに人員の少ない支社で妊娠することとなり妊娠以前からからかなり緊張していた。忙しいにもかかわらず、小さい子供もいてなかなか出張や残業を引き受けることができず、そのこともプレッシャーになっていた。体がこわばっていると子宮はもちろん肛門も硬くなるらしい。最近便が以前より細くなっていて気になっていた。それで緊張が続くと生理が起きるときに子宮がよけいに収縮しなければいけないから生理前や生理中つらいんだと納得できた。やっぱり女性は過度の緊張が続くのはいけないんだと思う。それと他にも最近読んだ本に女性の体をつかさどる子宮は筋肉でできているから、筋肉を衰えさせてはいけないと書いてあった。気をつけようと思った。
友人との電話も終わり、13:02のバスで帰ることにした。電話しながら園内入り口からはかなり離れたことろまできていたため、植物の手入れをする人たち以外にはほとんど会わなかった。いいな~、こんなところでひがな1日植物の世話してたら気分いいだろうなと思った。木や草が茂った園内には鳥たちもたくさん集まっていた。道は舗装されていて、モモ太郎が生まれたらベビーカー持って散歩にこようと思った。温室は入り口付近にあり、気がつけばかなり遠くまで来ていたので戻って温室見物をすることにした。ちょうど蘭が満開で、緑のバナナがなっていたりしておもしろかった。これでノルマ2時間は歩いたはずだ。近くに以前映画をみたショッピングセンターがあるが、バスで駅前にもどり駅ビルのカフェでランチを食べた。その日は娘がおやつを食べたら迎えにきてほしいといっていた。家についたのは2時半くらい。それから3時半まで爆睡してしまった。
←私の読んだ本です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/25

スーパーVまで行ってみる

開かぬなら開けてみましょう子宮口
前日の検診ですっかりブルーだった私。今更遅いかもしれないけどベストはつくしたい。ということで、残り数日ガッツ入れて散歩することにした。幸い体調はすこぶるよく家でじっとしても仕方がない。普段は車でしか行かないVというスーパーまで歩いていってみることにした。その日ほしかったのは青いかまぼこときゅうりと強力粉。いいお天気だがまだそれほど気温も高くなくいいお散歩日和だ。広い道の歩道をずんずん歩いていくと以外にあっけなく着いてしまった。先週美人母娘モモちゃんたちとあったAPショッピングセンターまでも歩けてしまいそうだった。野菜・くだものコーナーに行くと丸々と良く肥えた梅が・・・。さすがに梅干はつけたことはない。梅酒ははけが悪い。
でもりんご酢でつける梅サワーシュースはええんでないかい?でも分量がわからない。お酢のコーナーへ。2本だけ残ったりんご酢のビンにはドライプルーン使ったりんご酢ドリンクの分量が首についていた。
よし。
再び梅コーナーにもどり梅1kgをゲット。
りんご酢のビンの首の紙をめくり分量チェック。
1本500ccに梅500g、氷砂糖500g。
残ったりんご酢2本を買占め、氷砂糖1kgゲット。
これだけで約3kg。
腹の中のモモ太郎と同じくらいだ。今日は歩きだからそんなに重いものはかわないつもりだったが3kg。妊婦が重いものもっていいのか?と一瞬思ったが、もう別に産気づいたっていいんだった。りんご酢ドリンクはつけて1週間で完成するらしい。今にも切れそうなスーパーのレジ袋を気にしつつ人とすれ違うときは全然重くないような顔をしながら歩いて家まで戻る。2時間はいかなくても1時間半は歩いた。一応ノルマは達成といえよう。
Sn340129_1Sn340130_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

まいどはや号にのってみる

産前休暇の歩き方4
産前休暇5週目6月7日の出来事
Sn340112以前職場の非常勤をしていて期限切れとともに結婚、冬に出産した友人から
「紙おむつSが大量にあまりました。いりませんか?」
との連絡が入り、届けてもらうことになった。大分友人も友人の赤ちゃんの顔も見てなかったので、
「よかったらAPショッピングセンターのMバーガーでランチしませんか?」
と誘ってみた。そろそろファーストフードのお店くらいなら食事ができるのではないかとおもったからだ。ちなみにこの赤ちゃんとは胎児名モモ太郎の由来となった美人ママに生まれた美人赤ちゃんである。このとてもかわいいモモ姫をみて、娘は自分の
「赤ちゃんもモモちゃん」
に決めたらしい。
今は生まれてきてからもモモ太郎にするといって聞かず、出産後どうなるか一抹の不安がよぎる。
モモ姫のママから
「是非。」
というお返事。産前休暇第5週のお出かけの日となった。
まいどはや号とはまちづくりとやまの事業として運営されているコミュニティーバスで清水町ルートと中央ルートを15分ごとに走る循環バスで、コース内を1回100円で乗車できるバスである。
APショッピングセンターはこのバスの清水町ルートのバス停がある。うちのそばで一番わかりやすいバス停は地鉄ビル前だ。待ち合わせは13時半、余裕をもって13:00のバスに乗ることにした。バスに乗るとのっているのは主にお年寄り。バスはマイクロバスで座席はほぼうまっていた。ショッピングセンターで結構おりるのかなと思ったがそうでもなく、お年寄りの足としてかなり利用されている感じだった。
待ち合わせまで大分余裕もありお店内をウロウロ。無事美人親子にも会えてモスでお昼。モモちゃんはとても愛想の良い子で、店内で店員さんやお客さんにはなしかけられるとニッコリ。お食事の後お買い物に付き合い、2人を見送った後私も買い物をしてお店を後にした。赤ちゃん連れのヘルプになるかと思って買い物に付き添ったが役にたったかは定かではない。
地鉄ビル前からからAPショッピングセンターまでは6分でついてしまうのだが、一方方向循環バスなので帰りは少し時間がかかる。しかしもともと地元の人間ではない私にとってはちょっとした観光気分だ。帰りのバスには車椅子の人も乗り込んできた。小さいバスなので児童で乗り降りはできないが、運転士さんが手助けして乗車。乗客はカリカリすることなく車椅子のお客さんが乗り込むのをまった。いい光景だなと思った。ただ運転士さんもかなり年がいっていて、私は若いわりに妊婦で役にたたず申し訳ないないなと思った。こういう乗り物はとてもありがたい。マイベビカーで乗り込むのはちょっと無理な感じがするが子供が生まれたらまた乗ってみようと思った。

産前休暇の歩き方シリーズ
>1 >2 >3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/13

さあ、いつでもよくってよ

産前休暇第4週目のできごと
いや~、日本オーストラリアにまけちゃいましたね~。ついに産前6週目に入ってしまいました。意外と早くでてくるんじゃないかと思っていたのに生まれる気配がない・・・。ああ、このまま予定日超過か?36歳経産婦、加齢による子宮機能低下による予定日超過に怯える毎日。腹の子はすでに推定体重3000gを超えているというのに・・・。

月曜日
無事娘のプリキュア衣装とモモ太郎の服完成!良かった良かった。

火曜日
そんなわけで先週は職場に行けなかったので、昼に旦那と職場付近でランチしてそのまま検診の病院の時間まで職場で新聞情報の処理をすることにした。
いや~、10ヶ月ともなると3時間パソコンで情報整理するだけで疲れるわ。
臨月にオフィスワークは無謀と思えると同時に、でも短時間でも顔が出せるのはそれはそれで有意義だと思う。
もちろん職場のためというよりは自分のためになってしまうが。

水曜日
今週のお出かけの日
レディースデイなのでバスでファボーレに行き映画をみた。

木曜日
記憶がない。
前日遊びすぎてぐったりしていたのか?

金曜日
生協のお姉さんに妖怪主婦ぶりを披露してしまう。
夕方富山の大祭の1つ山王祭にでかける。

土曜日
図書館の本を返しに行くついでに友人Wがのった30代キャリアー向けファッション誌を買いに行く。
あらためて彼女のカリスマぶりを確認。(いろんな意味で)

日曜日
川原でバーベキュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜レディースデーに映画鑑賞

産前休暇の歩き方3
テレビでさかんに「嫌われ松子の一生」が宣伝されていた。福岡出身・破天荒な女性=母方の祖母を連想し、心惹かれた。(実際祖母は山口県の商家から福岡にお嫁にきたらしい。)母方の祖母はお稽古事が大好きで妹たちの世話を長女の母にまかせきりにして出歩いていたらしい。しかも私はその祖母に気性が良く似ているらしい。私自信もなんとなくそんな気がする。それと映画の内容がミュージカルタッチなのもそそられた。
第1回上映は10:20それに間に合わせるには9:15のバスに乗らなければならない。映画館はショッピングモールに併設されているがその時間だとショッピングモール開店前についてしまった。バスに乗った時点ですでにレディースデー目的とおぼしきおばさんの2人組み、途中バス停でのってきたのも幅広い年齢層のおばさんだった。でも全部で10人いくかいかないか。ショッピングモールの前につくとやっぱりおばさんがちらほら。私よりも年齢の高い人が多い。やっぱり開店20分前にはついてしまったが、バスに映画だとほとんど歩かないなと思い、ショッピングモールの周りを散歩した。1周して戻ると、おばさんの数はさらに増えていた。私と近い世代の人は1割に満たなかったのではないだろうか。しかも1人できてる人はほとんどおらず、誘い合わせて2・3人連れだった。う~ん、どうもなじめない。そんな私も1人で映画をみたのは20代のときル・シネマで「シラノ・ド・ベルジャラック」を観て以来だった。たぶんコーラスラインだったと思うんだけど、アメリカ人の男の人が小さいときに1人で映画館で映画をみていたらおじさんにいたずらをされそれからゲイになったというエピソードを知って以来、映画館=チカンのイメージが・・・。高校まで最寄の映画館が車で40分以上という田舎に住んでいてあまり映画をみる習慣がなかったせいもある。もともと映画より舞台のほうが興味あるせいもあるし、天邪鬼で話題作よりちょっと本筋から外れた作品が好きで最寄の映画館ではやってないことが多いせいもある。
映画って楽しいなって思ったのは、自分の生活エリアでシネプレックスができて、上映期間が短く回数も少ないけどマイナーな作品も観やすくなってからだ。実は「松子」より「プロディーサーズ」のほうが観たかったのだが、上映期間と都合があわず見損なった。映画を観終わったのは12時半くらい。帰りのバスは1時間に1本だった。13時も14時も01分。映画をみている途中で弱い生理痛のような痛みが・・・。やばい、このまま産気づいてしまうのか?と思ったのだが、陣痛だといたいのとそうでないのが一定時間ごとにくるがそんなことはなかった。座りっぱなしなのがいけなかったのかもしれない。骨盤が少しづつ開いているせいもあるのかも。臨月の映画はきつい・・・。映画終了後すこしショッピングモール内をうろついた。
映画をみるときチェロスを食べてしまったせいかお腹はそんなにすいていていない。せっかくだからショッピングモール内のCAFE de F.O.BかCafe comme caに行こうと思った。両方のランチをチェックしたがcomme caはパスタでそんなにお腹がすいてなかったので気分がのらず、F.O.Bにした。するとF.O.Bは禁煙じゃなくてお店のあちこちで喫煙者が・・・。せめて分煙してほしい・・・。
煙草は吸わないけど普段はそんなにきにしないのだが、今は妊娠中なのでちょっと気になる。もちろんできれば食事は喫煙者のいない場所でしたい。(同席の友人が吸いたいときに無理にがまんしてほしいほどいやなわけではないが、風向きとかきを使ってくれるのはありがたい)あっという間に14時のバスの時間になりバス停へ。行きに一緒になったおばさん2人組みとまた一緒になった。バスでいっても思ったほどは遠くはなかった。実は沿線にもう一箇所いってみたい県立植物園がある。でもなんかもう行ってる暇なさそうだな。生まれから車でいこうと思う。

富山駅→ファボーレ
8:45 9:15 10~16:15

ファボーレ→富山駅
9:31 10~17:01

バス料金 370円
(2006.5.31現在)

シリーズ産前休暇の歩き方
1カフェ・ブリッジ
2黄バスでおでかけ
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ついに完成なのだ!

やっとのことで完成しました!娘のプリキュアとモモ太郎の服。娘のときはおくるみと半肌着・長肌着・服を作りおくるみと肌着はモモ太郎も使うことにしました。10ヶ月に入ったとたんモモ太郎は推定体重2100gを超え生まれてももはや低体重児ではないという健康ぶり、服が完成しなかったらどうしようとおもったのだが、これで安心しました。
今回思ったこと
「やっぱ型紙のおこし方からちゃんとやらないとだめだな。」子供への愛情がなせる業ではなく、私自身の自己満足の成果です。モモ太郎よ、もう重いので早いとこ出てきちゃってください。
Sn340100_1_3Sn340099_1_1Pap_0113_2
モモ太郎の服と娘のときに作ったおくるみと半肌着・長肌着そしてプリキュアのキュアブラック現在パジャマとして活躍中。ふ、某玩具メーカーの好きなようにはさせなくてよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)